NHKビジネスクリエイト

NHKビジネスクリエイト

ホンネ3 仕事

岸本さん
岸本さん

編成事業部にいたときは、放送分野に特化した仕事内容でしたので、最終的に「正しく放送されるか」というところに専念して業務に臨んでいましたが、計画管理部では、視野を広げ会社全体の運営を見渡した上で業務に臨まなければいけないので、社員の皆さんが働きやすい環境を整えていくことに日々やりがいを感じる反面、間違ったことを発信できないという責任感と難しさも感じています。

齋藤さん
齋藤さん

私は、総合事務センターで「諸届」と言うグループで仕事をしていて、皆さんが分かるところで言うと、例えば、皆さんが結婚されて配偶者の方を扶養しようと思ったとします。扶養するといっても疑問点がたくさん浮かびますよね、例えば「何の書類が必要ですか?」とか「配偶者を健康保険に入れたいのですけど、収入がいくらまであったら入れられますか?」といった質問や届け出に対応しています。

今はちょうど、年末調整のお問い合わせの電話が多くて。それに対して答えることで、「丁寧に説明してくれてありがとう」と、言ってくださることがすごく嬉しいです。その人の力になれたんだなっていうことが嬉しかったりします。

篠さん
篠さん

担当業務が色々あるんですが、その中で、毎年決まった点検とか、故障した際にそれをどうするかなど、自分たちで考えて、仕様書の中に入れたりするので、知識も必要ですし、普通の勤務の中でやるのは、結構、大変です。
電気の専門学校を卒業したので、電気の流れについてなど、大まかには勉強したんですけど、NBCは空調とかも全部管理しているので、そういった知識は専門学校では習っていなかったので、1から勉強してやっていくことも大変です。

田上さん
田上さん

篠さんはいつも忙しそうですよね。
私が帰るときでもまだ仕事をされているなっていうのを、放送センター内で見かけたりします。

私は今、制作・送出設備というグループに所属していて、放送するための機器等を調達する仕事をしています。私が主に調達しているのは、カメラの三脚や、レンズだったり、大きいものでいうと、スタジオのクレーン等を調達しています。他には中継車の賃貸借があって、去年から始まった4Kや8Kを放送するための中継車の賃貸借の契約を去年したんですけど、ラグビーの放送に使われたというのを聞いて、全国に放送するための契約を自分がしていたんだと改めて実感して、やりがいを感じました。

岡本さん
岡本さん

私は先日の大型台風の日に出勤しました。その時にすごいスピードで台風関連情報の特設ニュースが組まれたり、番組がガラガラっと変わっていくのを目の当たりにしました。NBC編成としては、番組表の内容変更や登録、調整作業を現場や配信社、編成と連絡を取り合いながら対応しました。視聴者に番組が届く直前の作業を担っているのでとても緊張感があります。テレビを見る方も少なくなっているという中で、災害情報や緊急ニュースというところにNHKって強みにしている部分もあるんじゃないかなと思うのでやりがいを感じました。経験の浅い私にできたことは微々たるものでしたが、それでもこのような命を守る情報を途切れることなく届けているのはとても大切なことだと感じました。

ホンネ4 人間関係

篠さん
篠さん

職場の先輩方とキャンプに行かせていただいたりしています。キャンプが好きな先輩がいらして、一緒に「この日はキャンプに行こう!」と決めて、有休を使ったりして行っています。
料理上手な先輩がいらっしゃって、全部料理してくださるので。僕はその料理をたべたり、お酒を飲んでだりしているだけ(笑)すごい、いい先輩なんです!めっちゃ楽しいです。

田上さん
田上さん

年の近い方たちと遊びに行ったりします。20代は自分含めて、3~4人くらいですかね。先輩と「今度、中華街に行こう」という話もしています。
年代が違う方とも仲良く話しますし、ランチも行ったりしています。業務自体は、自分の仕事に対して、それを先輩方にみてもらったり、アドバイスをもらうという感じです。他の部署に比べると、先輩と一緒に何かをしているっていう感じは少ないかもしれないです。

齋藤さん
齋藤さん

入社してから、先輩がつきっきりでみてくださって、最初は電話の仕方から練習したり、実際に先輩方が、電話の研修もしてくださって。今思い出すとゼロからのスタートで、大変でした。
そして、今年の7月からは、後輩ができたので、今度は私が、その後輩の力になれるように頑張りたいなと思っています。

岡本さん
岡本さん

齊藤さんの部署にも1年目の方がこられたということで、私の部署にも今年の春から1年目の後輩が2人入社してきて、力になれたら・・・と思っているところなのですが、何か気をつけていらっしゃることなどありますか?

齋藤さん
齋藤さん

私の職場はけっこう個々の作業が多いのですが、1つの案件にずっと悩んじゃうとツボにはいっちゃうので、私の中で5分カウントしてから「何か困ってる?」って声をかけるようにしています。すぐ聞いてしまう癖がついてしまうと自分で考える力がつかないのもまずいなと思っているので、できるだけ様子を見守ってから難しそうだったら声をかけるっていうようにしています。岡本さんはどうしてるんですか?

岡本さん
岡本さん

2人が入社して最初の数か月間は同じ班だったのでその時はささやかな勉強会を開いたりしていました。今は班が替わってしまったので仕事でのフォローが難しいので、「お昼、一緒にどう?」と、声をかけています。前に、お昼ご飯を食べに行った帰りに、同じ部署の仲のいい人たちとコンビニに寄ってアイスを食べたんです。その時、みんなでアイスを持って写真を撮ろうということになって、1年目の後輩から”盛れる”カメラアプリを教えてもらいました。(笑)